全日本雉類研究会

        孵卵器の御用命は ベルバード ネットショップまで

創刊号 平成10年2月1日発行

全日本雉類研究会 事務局
            〒321-0932 栃木県宇都宮市平松本町799 伊藤正 TEL/FAX 028-638-6990

キジ類の華麗な世界へようこそ

この度ホームベージを開設しましたので貴重なキジ類の姿、キジの飼い方を発信いたします。 キジ類は鳥類の中でも特に色彩に富みとても魅カ的な鳥です。野生種の多くはアジアを中心に生息していますが、現在どの種類も絶滅の危機に瀕しています。多くがワシントン条約により保護されていますが、野生での生息状況は熱帯雨林の開発などにより厳しさを増すばかりです。 キジ類は他の鳥類に比べてワシントン条約や絶滅危惧動物(レッドリスト)にリストされている種類の割合が非常に多く、鳥類の中でも種存続にその人工繁殖が望まれています。

現在国内で飼育されているキジ類は50種類以上(亜種などを含む)になります。誰でも知っている「桃太郎」のニホンキジや動物園でよく目にするインドクジヤクなども皆キジの仲間です。私たち「全日本雉類研究会」は、このキジ類の国内での保護・繁殖に努力しています。会員は北海道から沖縄まで全国に120名程になります。キジの種類によってはキンケイやハッカンのように簡単に繁殖できるものもありますが、多くの種類は非常に難しいものです。 自然界での減少同様、飼育者自身の減少と高齢化です。 これは現代の住宅事情や趣味の多様化などによりますが、特に繁殖が容易にもかかわらずワシントン条約に該当している種があり、血液更新が閉ざされてしまい、ますます近親となり減少してしまう種もあるのが非常に残念でなりません。 キジ類の飼育は一種贅沢な趣味になります。飼育する広い禽舎が必要なので、飼育場所確保のできる方のみしか飼育できませんが、一人でも多くの若い飼育者・研究者が増え、純枠で貴重な種類が数多く繁殖することを期待しています。

キジ類飼育の魅カのひとつに、繁殖期にオスが行うディスプレイ(求愛行動)があります。 種類によって独特のディスプレイを行いますが、どの種類のディスプレイも自然の一大驚異です。 飼育する者のみが観察できる求愛美がそこにあります。 またキジ類の多くの種類のオスの羽毛は金属光沢を持っていて、光の当たり方によってメタリックに輝きます。小型鳥類ではハチドリやムクドリにも同様にメタリックな鳥がいますが、キジ類のその姿はとてもすばらしいものです。 メタリックな羽毛を持つ鳥ではキジ類が最大の種類であると思います。  キジ類の雌雄の愛の感情の機微に感動するのも楽しいものです。 

キジ類の飼育は難しいと言いましたが、2坪程度の禽舎があれば誰でもこのすばらしい鳥を飼育・繁殖できる可能性があります。キジ類は貴重な鳥の割には、大型インコ類などに比べると非常に安価に購入できます。また飼料もニワトリと同じもので充分飼育できます。また暑さや寒さにも順応性があり丈夫な鳥ですので、ぜひ興味がある方は飼育に挑戦して見て下さい。 そこにはキジ類の華麗な姿があります。
                                                                          
事務局 伊藤正


世界のキジ類写真集 孵化日数 飼育レポート 04/01/04 更新 譲る・ 求む・ 交換 通 信 販 売 鳥インフルエンザ

各種雉類飼育の皆様より飼育・繁殖方法を掲載予定です。
氏名は掲載しませんので、お気軽に投稿してください。
詳細は下記のとおりです。

皆様の雉類の繁殖レポートを募集します。
その雉の特徴や飼育の方法、禽舎の作り方、産卵・ふ化・育雛の工夫など、具体的に記入してください。
下記の種類をお願いします。

ヒオドシジュケイ・ニジキジ・コサンケイ・ウチワキジ・パラワンコクジャク、オジロコシアカキジ・ポルネオコシアカキジ・カンムリキジ・ハイイロヤケイ、シロミミキジ・ロスチャイルドコクジャク・マクジャク・セイランなど


飼育鳥類の統計調査実施中。 減少している鳥類の増殖を図っておりますので飼育鳥類の御報告に御協力をお願いします。
血統管理の為、脚管挿入に御協力下さい。 各種サイズ分譲中

Copyright(C)2005 Belbird Ltd. All rights reserved