飼育・繁殖シリーズ       報告  栃木県宇都宮市 伊藤 正
キジ類繁殖入門  10/01/01 ミールワームの養殖
孵化・育雛
シリーズ
セイラン 04/01/04
マクジャク 12/01/03

ニジキジ 10/01/03
ボルネオコシアカキジ 08/01/03
 キジ類人工育雛 06/01/03

 キジ類人工育雛 04/01/03
 
キジ類人工育雛 02/01/03
 キジ類人工育雛 12/01/02
キジ類人工育雛 仮母 10/01/02
キジ類人工育雛 孵化 08/01/02
キジ類人工育雛 孵化 06/01/02
キジ類人工育雛 孵化 04/01/02
キジ類人工育雛 孵化 02/01/02
キジ類人工育雛 産卵 12/01/01
2.高病原性鳥インフルエンザについて
鳥インフルエンザはウイルスの感染による家禽類を含む鳥類の疾病で、「弱毒」と「強毒」の二つの病原性のタイプがある。鳥インフルエンザウイルスは「ヘムアグルティニン」(H)及びrニューラミニダーゼ」(N)と呼ばれるウイルス表面突起の抗原性を基に分類される。ヘムアグルティニンが15種類、ニューラミニダーゼが9種類知られており、これらから 「H5N1型」などと表示される。

我が国では急性で罹病率及び致死率の高い(H5、H7型)のものを「高病原性鳥インフルエンザ」と呼び家畜伝染病予防法の法定伝染病に指定されている。鶏が感染するとトサカや肉垂の出血(チアノーゼ)、脚のウロコの紫変(チアノーゼ)、呼吸器症状、食欲減退、緑色下痢、神経症状(頸曲がり、元気消失)がある。「強毒」タイプの場合、発生後5〜15日間で100%近く死亡するという。鳥インフルエンザウイルスは表面がエンベロープと呼ばれる壊れやすい膜で覆われているので、次亜塩素酸ナトリウム液、アルカリ'液、ホルムアルデヒド液、クレゾール液、逆性石鹸液などの消毒液が有効です。感染する家禽は鶏・鴨・アヒル・七面鳥・ホロホロ鳥・ウズラなどが知られているが、キジ類が大量に感染したということは無いようです。

(1)発生状況
最近の発生状況は、海外では昨年から韓国・ベトナム・中国・タイ・カンボジアなどで発生している。鶏・七面鳥・アヒルなどの死亡や処分はオランダ・ベルギー・ドイツで3000万羽(2003年)、韓国で185万羽(2003年)などとなっている。国内でも鶏の感染が1月12日に山口県で発生が確認され、その後2月に大分県、京都府と発生している。京都府では発生場所近くに生息していた野生のカラスにも感染が確認されている。その後発生地域で野鳥類30種類程度を捕獲し検査したが陰性であった。野鳥類が疑われているが現在まで感染ルートは解明されていない。

(2)防疫方法
鶏やキジ類を飼育している場合、まず徹底して野鳥類の禽舎内への侵入を防ぎます。スズメなどがよく禽舎内の餌を食べていることがありますが、侵入できないようにします。また普段より禽舎内を清掃し糞などは速やかに処理し常に清潔にすることが必要です。鶏類を飼育している他の飼育場への訪問も注意するとともに、鳥を飼育している来訪者が禽舎周囲への立ち入り時には靴などを消毒することも大切です。鳥の普段の状態に注意し、異常な死亡が続いた場合は速やかに家畜保健衛生所など関係機関に届け出ることが大切です。

(3)消毒の実施方法
消毒薬の購入や使用方法は動物用薬品を扱っている業者や家畜保健衛生所などに問い合わせてください。消毒薬の散布は園芸用の噴霧器などを使い、使用説明書にある濃度にして使用します。簡単な説明は以下のとおりです。

薬品 使用場所
次亜鉛素酸ナトリウム 器具 .
クレゾール液 器具、踏込消毒漕 手指 .
逆性石鹸液 手指 禽舎内
消石灰 禽舎内 禽舎周囲 .

@飼育場所(禽舎)の入口に靴底消毒用の液を容器に入れて置く。
A餌入れや水入れを洗い薄めた消毒液に浸ける。その後水洗いし乾燥させる。
B禽舎内は清掃し糞などを取り除き、可能ならば床を水洗いする。・'
C噴霧器で金網・壁・床と高いところから順に消毒液を噴霧する。
D禽舎の外壁や周辺も消毒する。
E禽舎の消毒は晴天の日に行う。
F禽舎内の鳥に消毒液がかからないように注意する。
G清掃して取り除いた糞などは消石灰で消毒する。
HOME