愛玩動物飼養管理士資格取得の重要な意義について
                                                                                                                                                                                                                                                          社団法人 日本愛玩動物協会 

愛玩動物飼養管理士養成事業は、本協会の中心的な事業であり、適正飼養及び動物愛護の普及に関する他のさまざまな事業にも深く関連しているため、本協会の全会員がこの資格を取得することが大切です。 これにより、初めて社会や行政に対して資格の有効性を発現できるものとなります。  本年中にも”動管法”の一部改正法である「動物の愛護及び管理に関する法律」 (“動愛法”)が施行されることになり、そこでは動物販売業者の責務とともに、 動物取扱業者への規制が盛り込まれました。各都道府県では、これに伴い早くも動物関係条例の改正に取り組むところがあり、大勢としては、動物取扱責任者の設置と、行政が行なう講習会の受講の義務づけが規定されるものと思われます(兵庫県や東京都等) こうした状況の中で、愛玩動物飼養管理士の資格は大きくクローズアップされてくるものと思われます。  また現在、新聞・雑誌・テレビなどのマスコミからの取材も多く、愛玩動物飼養管理士の資格については相当な知名度も出てきております。 しかし、その資格を表示しているペットショップが目につかなければ何にもならない訳です。 愛玩動物飼養管理士の資格表示をすること自体がすでにショップの信用と宣伝につながるような状況になっておりますので、会員各位 におかれましては資格を取得されることを強く期待申し上げます。

ペットショップ以外の皆様におかれましても、この機会に動物飼養の認識を新たにすることで資格取得を御検討ください。

 受講、受験について

2級》 愛玩動物飼養管理士取得要綱 は下記協会に請求して頂き、(日鳥連組合員は所属組合明記の上) 12年7月8日までに受講(23,000円)・受験料(5,000円)合計 28,000円を郵便振替用紙にて協会あてお振替頂きます。  御申込み後、協会より【管理士教本1巻・2巻】が送られますので、各自自習して頂きます。
なお教本に基づき8月〜11月( 東京では土、日を除く講習も予定しております。)に全国各地で講習会を開催しますので、必ず1回受講(認定試験受験要件)して、課題報告を提出して頂きます。 スクーリング日程は後日お知らせいたしますので御都合のよい日を選んで受講してください。 平成13年2月初旬に認定試験を全国各地(都道府県単位)で行いますので最寄の試験会場にて受験していただきます。

                        資料御請求                            

〒160-0016 東京都新宿区信濃町8番地1
Tel.03(3355)7855
Fax.03(3355)7880